韓国報恩郡ナツメ農園を訪問しました。


韓国報恩郡ナツメ農園を訪問しました。

 

しとしと雨の降る2017年9月末、
私は韓国内陸部の農村、報恩(ポウン)郡に居ました。

 

DSC06415

 

 

今年3回目の渡韓。

一番の目的は

サムゲタンキットに使用する棗(ナツメ)農家さんの視察です。

 

農作物は、どうしても天候等に出来高が左右されてしまいます。

現状の契約農家さんに不満はありませんが

複数の契約農家さんを持っておくことで

商品の品質を確保しながら、安定的な供給を図る事が大切なのです。

 

 

朝、農場の主であるキム社長、通訳のキヨエさんが

ホテルまで迎えに来てくれました。

DSC06480

 

ここ報恩郡は、韓国有数のナツメ産地。

 

その中でも

韓国や東京などで、何度となく商談させて頂いたキム社長の商品力と熱意は納得済み。

所有する農場は

一番標高の高い場所に有り、どこより甘く芳醇なナツメが収穫できるそう。

 

 

 

 

 

山間をしばらく走り…

 

 

DSC06466

 

ザ田舎な風景は、日本っぽくもありますが、やっぱりちょっと違います。

標識とか、田畑の感じとかかな。

そしてこの辺り、春になると野生のサクラが色づきピンク色になるそうです。

絶景だろうなぁ。また春に来たい。

 

 

 

 

イグチさん、見て下さい。

綺麗な池でしょう。ここで魚釣りする事が楽しみで

この土地に引っ越してきたんですよ。

 

DSC06472

 

視線の方向に目をやると、いつの間にか雨は上がり

穏やかな水面に浮かぶ濃緑の山並み。

 

 

思わず窓を全開にして、吹き込む風を肌で受けながら深呼吸します。

身体の内側の細胞が潤っていくような不思議な感覚。

この土地には、人に活力を与える何かがあるようです。

 

 

 

 

ほどなくして、農場に到着。

DSC06483

 

 

想像以上に広い…

 

25メートルプールがすっぽり入ってしまうほど長いハウスが、見渡す限り無数にあります。

 

 

そしてこれが生のナツメ。

DSC06521

 

 

報恩の大自然で育まれた、水と空気と太陽の光をたっぷり受けて

丸々と大きく赤く実った果実が

 

鈴なりに生っています。

 

 

DSC06530

 

ほら、食べてみて下さい。甘いですよ。

 

 

 

受け取ると、大きくシャリっと一口齧って、

 

もぐもぐもぐ…

 

 

 

 

 

。。。!!

 

 

 

 

甘いっ!!

 

すごくすごく甘いのです!

 

瑞々しくて、まるで蜜のたっぷり詰まったリンゴのよう。

 

生のナツメ特有の、青さも渋さも全く無い!驚きです…

 

 

 

 

 

私の驚いた様子に、キム社長は満足そう。

 

『ウチのナツメは韓国のナンバーワンですから。自信があります。』

 

 

 

 

イグチさん、こっちも見て下さい。

 

DSC06551

 

 

ハウスの横には、綺麗な川。そして川床まで完備!

 

ここでも釣りをしたり、家族や仲間を招いて食事やBBQを楽しまれているそう。

 

 

延々と続くキム社長の自然愛溢れる話にしばらく聞き入っていたら

 

 

小雨がパラついてきたので、敷地内のご自宅に場所を移し。。。

 

DSC06568

 

 

 

 

天井が高くて、真新しいキッチンも素敵でした!(人の家でパシャパシャ撮影するのも気が引けて…写真はありません)

DSC06573

 

 

ちなみにこの大きな机は、ご自身で切って来た大木を加工して作られたそう。ほえぇ〜

 

 

奥様も合流し、その場で皆様へ向け方針の擦り合わせや条件の確認です。

 

日本と韓国とでは、「品質管理についての認識」が大きく異なります。

日本の常識を理解してもらい、こちらの意向に合わせて頂くには

直接出向き、膝を突き合わせ、目を見て伝える事が何より大切だと考えます。

 

 

人の心を動かす鍵は、言葉より行動です。

そのために日本からはるばる1人、来たのです。

 

 

 

最初こそ、そこまで厳しく管理しなくてはいけないのか…?と不思議そうにしていた奥様も

 

熱心に理由を説明することで、納得してくれました。

 

 

厳し過ぎる要求に、断られることも覚悟していたので

理解して下さって本当によかったです。

 

まずは第一段階の完了です。

 

この内容を踏まえて、サンプルを発送してもらい、

日本の工場であらゆる角度から精査したのちに、ようやくサムゲタンキットへの導入となります。

 

 

 

長い道のりですが、こんなふうに

 

商品を磨いて、よりよいものにしていく事がメーカーとしての責任だと考えています。

 

 

 

 

 

おまけ…

DSC06423

 

キム社長と、通訳キヨエさんに連れて来ていただいた

韓国の朝食でよく食べられる、

へジャンクという酔い覚ましスープ屋さん。

 

img_6543-1.jpg

 

「オルゲンイ」という小さな巻貝が、

沢山入ってます。シジミみたいで美味。

 

 

 

 

img_6539-1.jpg

 

そしてこちらは、

なんと…牛の血液をボイルした、「ソンジ」という塊が入ったへジャンク。

 

レバー程くせがなく、美味しく頂きました!