博淑屋サムゲタンキットが出来るまで【朝鮮人参編④】


博淑屋サムゲタンキットが出来るまで【朝鮮人参編④】

③つづきです…

 

 

初めての方は、

こちらからどうぞ〜

博淑屋サムゲタンキットが出来るまで【朝鮮人参編①】
博淑屋サムゲタンキットが出来るまで【朝鮮人参編②】
博淑屋サムゲタンキットが出来るまで【朝鮮人参編③】

 

ミュージアムを後にした我々。

 

 

今度は、市場へ移動。

 

 

 

ここは、朝鮮人参しか、売っていない市場です。

 

img_0705

 

生の人参が、市場価格の3分の1ほどで売られています。すごいね。

 

 

 

 

市場の外にはフードの屋台。

 

dsc02942

 

 

ここではなんと…

 

img_0711

 

立派な朝鮮人参のまるごとフライが食べられます!

 

 

 

img_0712

 

 

7本で、10000ウォン(900円ほど)

 

img_0713

 

これまた、朝鮮人参のエキス入りシロップを付けていただきます。

 

フライドポテトみたいに

ホクホクしててとても美味しいかったです!

 

お子さんでも食べられる味。

 

 

これはもし日本で食べようと思ったら

10倍の値段はしますね。

 

 

 

そして、その周辺には

 

漢方を取り扱ってるお店もありました。

 

img_0727

 

ソウル市内に比べると、

だいぶ安くて品揃えもよい。

 

ここもまた来たい。

 

 

 

 

村をひととおり堪能し、

 

今回のメインイベント…!!

 

 

 

 

 

はい、

 

朝鮮人参畑ーーー!!!!

 

dsc03016

 

 

おぉぉ〜ようやく到着!

 

 

 

 

 

中にお邪魔して、記念撮影も…!!

 

 

dsc02954

 

 

 

日本で恋い焦がれていた土地。

 

朝鮮人参が実際に育っている場所を見たかったので

 

 

感動もひとしお。

 

 

 

 

img_0733

 

赤い実の部分は、あまり使用用途が無いようですが

 

これを植えると、また朝鮮人参が生えてくるそう。

 

 

 

dsc02966

 

見渡す限り畑。その向こうには山。

 

まぎれもなく、ここが朝鮮人参のふるさとです。

 

この空気感を実際に感じたくて、見ておきたくて、ここまできたのだ。

 

 

DSC03002

 

いやー感動。願えば叶うものですな。パチリ。

 

 

 

 

 

感動の畑見学を後に、昼食へ向かいます。

 

 

 

 

地元の人たちが行く

 

朝鮮人参料理屋さんへ連れて行ってくれました。

 

 

img_0741

 

これは期待出来る門構え。

 

 

 

img_0745

 

この地方の名物。

 

ワカサギのような小さい魚を並べてカリッと焼いて、コチュジャンで味付けしたものの上に

薬味と朝鮮人参が乗った料理。

 

 

 

味は……めちゃくちゃ普通!笑

 

 

 

 

img_0748

 

そしてメインのこちらは、

なんというかお鍋のシメ的な、

 

ご飯と、そうめんとクッパのような具材、そして朝鮮人参がごろごろ入ったおじやのような鍋。

 

 

味は…これも、THE普通!笑

 

いや美味しいんですけどね。汗

 

 

 

 

 

でもこちらでは大人気で

 

皆これを食べるために、行列作るのだそうです。

 

 

 

 

img_0746

 

わたしは好きな味でしたので、たっぷりいただきましたよ〜

 

 

 

 

さて!お腹も満たされ、

 

 

次は、母のふるさとであり私のルーツでもある釜山へ向かいます。

 

 

道中、

 

韓国版ロミオとジュリエットとして有名な

 

「春香伝」の舞台、南原(ナムウォン)へ。

 

 

img_0755

 

 

王子と平民の娘。

 

身分の違いを超えた二人が苦難を乗り越えて結ばれるストーリー。

 

 

 

 

 

 

img_0750

 

韓国では、超有名なお話で

 

映画やドラマにもなり、語り継がれています。

 

 

 

 

敷地内は、広ーい公園になっています。

 

img_0753

 

 

お土産屋さんもたくさんでした!

 

img_0757

 

 

そんなこんなで釜山着。

 

 

大変お世話になったおじさん達と別れ

 

帰国までの残り一日、母と釜山を巡ります。

 

 

何とか!商品をしっかりカタチにして、おじさん達にもたくさん恩返ししたい。

 

 

5へつづく…